単身の引越し料金について、どこの引越し屋さんも五分五分だろうと思い込んでいないでしょうか?
業者の選定や見積もりの使い方によっては、40%強もの料金の開きが確認されることだってよくあるのです。
有名な引越し業者と、大きくない会社のギャップとして知られているのは、結局のところ「サービス料の差」だと言えます。
小さくない会社は中規模の引越し業者の価格と比較すると、若干高価です。
あらかじめ引越し業者を家へ呼ぶことで、引越しの荷物のボリュームを適切に捉えることが可能になるため、適切に貨物自動車や社員を配車・配置してもらえるんですよ。

単身引越しをリーズナブルにするための手段で、引越し単身パックを使えるようになっているわけですが、このメニューは引越し業者が上手に組み立てて、引越しをこなすことにより安価にあげられる内容です。
一般的な常識となっている引越し情報サイトの「一括見積もり」ですが、今なお3割以上の人が、見積もり比較をしないままに引越し業者探しに奔走しているのが現状です。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする