印象に大きな影響を与えるのが服装です。

男性に求められるのは、清潔感とキチント感です。

では、具体的にはどんな服装をするとよいのでしょう。

婚活パーティーに参加する男性はスーツがおすすめです。

ラフすぎず、硬すぎず、清潔感のある服装です。

暗い色のスーツは暗い印象を与えます。

爽やかで明るい色のスーツを選びましょう。

全体を3色以内に収めるとまとまり感があります。

婚活パーティーに参加する女性は、真剣におつきあいできる人を探しています。

結婚して一緒に生活できるかが大切で、おしゃれが重視されているのではありません。

婚約指輪 売る 値段やチャラチャラした服装や過度のおしゃれを求めてはいないのです。

しかし、あまりにも流行にうといとよい印象が与えにくいです。

スーツにも流行があります。

派手にならない程度の流行のスーツを着用するのもよいでしょう。

スーツに抵抗がある場合は、ジャケットを羽織りましょう。

ラフすぎずしっかりとした印象を与えます。

婚活パーティーに参加する前に身だしなみをチェックしましょう。

スーツやシャツにシワがありませんか。足元は意外と見られています。

靴に汚れがないか、靴下に穴が開いていないか確認しましょう。

爪も意外と見られる部位です。爪の長さを整えておきましょう。

シエロヘアカラーEXミルキーは、髪を染めることに全然慣れていない人でもとても簡単に染められる、白髪染め液です。
ボトルにくしをセットするだけなので、あとは髪をとかしていくだけで超簡単に染めることができるからです。

白髪を染めるようになる前に、家でセルフ染めの習慣の無かった人で、染めることが全く初めての人に向いています。

 

白髪染めは、普通のカラーリングと違って、生えてきたらマメに染めないとやばいのです。
私の白髪染めは、月に二度程度は必要です。白髪が目立つからです。
ですが、時間の都合上、月に二度も美容院に通っていられないので、白髪染めデビューをシエロヘアカラーEXミルキーで果たしました。

4年くらい使いましたが、本当に簡単で染め残しがなく染めることができます。
シエロヘアカラーEXミルキーの良いところは、とても明るい茶色があるので、白髪染めになったからといって茶髪を諦める必要が一切ないところが良い点です。

私は、シエロヘアカラーEXミルキーの0番を4年間くらい使い続けました。
0番は、かなり明るい茶色です。
明るい色ほど、髪の痛み度数は高まるものですが、とても明るい茶色の0番だからといって、髪が傷むこともなく本当に助かりました。

シエロヘアカラーEXミルキーは、セルフカラーリングに慣れていない人でも、簡単に染めることができるボトル仕様なので、忙しい人にもとても向いています。
時間がなくて、ササッと急いで仕上げたい人にも向いています。

ペットの世話や子供の世話など家事に追われているお母さんにも、向いています。
片手で白髪を染めることができるからです。
シエロヘアカラーEXミルキーは、明るい色だけでなく、落ち着いた色も充実しています。

今流行の白髪染めも、液体タイプから泡タイプに移行しつつありますよね。

液体タイプの白髪染めを家でやるには、準備も大変だし匂いも気になるし・・・
さらには時間がかかるのは忙しい主婦には使いづらいアイテムだと思います。

そこで気軽に使えて、染めている間も家事をすることが出来る泡タイプ白髪染めの人気た高まってきました。
私も実際に使っていて、匂いも残らないからすごく気に入っているのだけど
メリットもあればデメリットもあるなって、使ってみて分かったことがあるのです。

メリット

泡タイプでだらだらと垂れたり必要ない部分についてしまったりしないことです。
私は子供がまだ小さいので、寝ている間に白髪染を使っているのだけど、起きないはずなのに
急に泣いて起きてしまうこともあるから、髪につけたままで動くことが出来るのは
子育て主婦にとっては大きなメリットではありますね。

デメリット

泡タイプならないんじゃないかなと私は思うけど、
クリームや液体タイプと比べてちょっと染まりづらいかな?と感じるものもあることです。
確かに泡タイプは簡単に使えるから、その分色の定着がしにくいのかななんて思ったりします。
でも、髪を傷めにくい泡タイプを私は気に入って使っています。

ここ何年か、白髪染めを自宅でしています。

市販の、白髪染め専用のヘアカラーを使っています。
最初は、普通のヘアカラーを使っていましたが、やはり白髪は染まりにくいらしく、
そこだけうまく染まらなかったのです。

白髪染めのコツ

白髪染めを行うのに、特に白髪部分をきちんと染めるのにはちょっとしたコツが要ります。

  1. 染める場所(お風呂場)を温めておく。
  2. 冬場など寒い季節は、毛染め液を塗ってから洗い流すまでの時間をより長くとる。(空気が冷たいと染まりにくいので、まずは少しでも温めてより染まりやすくします)
  3. 白髪部分を先に染める。全部染めたら、最後にまた白髪部分を染める。(私は生え際に白髪がかたまっているので、とにかく生え際をドンドン染めていきます。毛先などはそれほどでもないので後回しで、量を気にせず、白髪部分に沢山使います)
  4. 白髪染めをしてから1週間以上あけてから美容院などでパーマをする

以前に美容院の予約の日にちが迫ってから、異様に白髪が増えているのに気がつきました。
美容師さんに見られるのが恥ずかしいし、指摘されるのも嫌なので、3日前くらいに白髪染めしてから
美容院でパーマしたところ、パーマ液で、毛染め液が流れ落ちてしまいました。
1週間は放置して、色をなじませないと落ちるそうです。

すごく恥ずかしかったし、また染めなきゃならなかったし、大変でした。

自分で染めるのは大変ですが、染めてしまえば、自分に自信が持てるので
頑張ってやっています。